発行物

教団史編纂委員会の出版物、関連の出版物で購入が可能なものを紹介いたします。

出版後年数が経過しているものについては割引価格となっておりますので、ご活用ください。

「スカンヂナビア人宣教師の

日本伝道事始め」(2009年4月1日)、

2,300円

「日本の福音派〜21世紀に向けて〜」(1989年1月10日)

750円

O・C・グラウァ−著「燃えて輝く光」(1977年10月15日)、1,000円

「日本をキリストへ〜終末と世界宣教」第2回日本伝道会議講演集、900円

木下弘人著「フレデリック・フランソンの足跡」(1981年11月2日)、100円

「飛騨・美濃の伝道」

(1977年3月20日)、100円

「教団史研究」No1 、 300円

1.はじめに(山口陽一)  2.宣教協力・聖書信仰・合議制形成の歴史(鋤柄和秋)

​3.神学教育と教会形成(鋤柄和秋)  

4.キャンプ伝道と日本同盟基督教団の教会形成(吉持章)5.付録(教団史関係資料目録)(教団史編纂委員会)  6.次号予告

「教団史研究」No2、300円

1.はじめに(山口陽一) 2.戦後教団史への足跡 (常盤馨)3.戦時下の同盟教会 (結城晋次) 4.敗戦と教団再建 (山口陽一)5.10ヶ年伝道計画 (神尾鋼行)     6.次号予告

「教団史研究」No3、300円

1.はじめに(山口 陽一) 2.計画伝道を振り返って(常盤馨)3.戦後一大転換点となるべき1995年を中心として (小寺肇)4.戦時下の教会はなぜ神社参拝をしたのか (山口陽一)5.書評:『教会アーカイブズ入門』(石川正) 6.資料:「中野教会100年史についての理事会見解!  7.次号予告

「教団史研究」No4 、 300円

1.はじめに (山口陽一)
2.最初の宣教師15名が横浜港に上陸した日(石川正)
3.信仰告白の危機を考える(八木隆之)
4.研究ノート:「SAMからTEAM へ」 ー宣教団体の名称変更に13年の年月ー(石川弘司)
5.次号予告

「教団史研究」No5 、 300円

1.はじめに (山口陽一)       

2.日本同盟基督教団121周年記念

     青山霊園の初代宣教師3名の墓地に記念プレートを設置 (委員会) 3.教勢データ(委員会)    4.教勢データについて (大杉至)5.戦後の教会データ(委員会)   6.戦後の教師データ(委員会)7.教団史年表 (委員会)          8.次号予告

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now